システム開発でよく人手不足が発生する3つの理由

・必要な工数の正確な見積りができない
車とか料理とか建物とかとは違って、システム開発では、これまで作ったことのないものを作るっていうケースが多く、要件が上流で固まらないなどの不確定要素も多いので、要員計画として工数の正確な見積りはほぼ不可能。
プロジェクト開始時点の見積りなんかは当て勘に近いレベル。

・作業の負荷が見えづらい
そもそも作業負荷とか難易度が感覚的に分かりづらい。
そして誰かの負荷がオーバーしていても、短期的には無茶をすればなんとかなってしまうことが多く、気付きづらい。
手を打とうとしたときには既に手遅れ。

・要員を簡単に補充できない
単純作業はあまりないし、必要になる知識が広範囲すぎて、新しい人をポッと入れても育成や立上げに時間がかかる。
優秀な人はどこのプロジェクトからも引っ張りだこ(ヘタしたら大量のプロジェクトを掛け持ちさせられてる)で離さないから、手を打とうにも打てない。



ほかの業界のことは知らないけど、
この業界は構造上、どんなに技術が進歩しても変わらない気がするぜ!

最終的には業界から脱出しないと消耗しない平穏な生活は訪れない気がするわ!

まぁ、体力的にもっても30代までかなぁ。
はよセミリタイアせな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 
  • 20170519231354119.jpg

きょうもみんな帰りたい

このツイートは超共感w

https://mobile.twitter.com/bellmer11/status/861359522668888064
「本日、多数の駅で体調を崩されるお客様が続出している為、電車が遅れております」

明らかにゴールデンウィーク明けちゃったのが原因で体調不良やんけ!
もれなく自分も同様!!
もうみんなで休んじゃえばいいのに!!

休み明け初日から残業してみて改めて、
早く帰れる働き方(というかあまり働かなくていい生き方)がしたいと強く思った!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 
  • 20170508231314098.jpg

正社員には社畜力が求められるが自分には無い

なんか最近改めて感じるんだが、やはり正社員やってると、とくに中堅になるにつれて、上長向けの資料作りとか多くなってくる模様。



ただでさえ「ピラミッド構造」とか「承認」とかサラリーマン的な制約が好きくないのに、たくさんの時間をそれに充てるのは時間勿体無い!

ガチンコで生真面目にやるとイヤになりそうだから、とりあえずゲーム感覚でやってくけども、

とりあえず目先のダンジョンクリアしたら、やっぱ基本は別の本質的なことに時間充てたいよなぁ。



サラリーマン的な理不尽に違和感を感じずに燃えられる社畜力がないと、正社員としてやってくにはモチベーションが続かない気がする今日この頃。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ